ご挨拶

技術開発、ブランディング、美的創作、著作などの知的財産戦略が、経済活動を支える柱となり、活性化の源泉となり、さらには上昇の翼となるものであることを、常に強く意識していくことはきわめて重要であると存じます。企業規模の違い、法人個人の違い、経営方針の違いなどを超えて、また好不況いずれの状況であれ、これがプラス影響をもたらすことになるものと確信します。

私たちは専門家・代理人の立場として知的財産全般に目を配り対応します。知的財産の創造活動に参加し協力します。知的財産の有効な権利化に全能力を傾注します。そして権利の保護・活用の面からの支援を常に意識して進みます。そのために皆様へのお願いは、いずれであっても可能な限り早い段階からご相談をしていただくことです。相談のみであっても大切さは同じです。

例えば、創造活動の初期段階では多様な方向性の模索に対するヒントが得られるでしょう。進行過程では創造の深化と変化に対する有益な意見が得られるでしょう。権利化に当たってはどのような権利化が可能かそして有効かの判断と、権利化の内容に一層の充実を伴う成果が得られるでしょう。保護活用においては、侵害予防或いは侵害排除に対する具体的方策、ライセンスの活用・成立と契約の実行、適切な実施と使用などに有効な判断が得られるでしょう。

私どもでは、皆様と関連がありそうな発明などの私的創造行為を禁じております。それは受任した皆様の知的財産の中に生かすべきであるとの信念によります。そして皆様との信頼関係の第一歩は費用を明確にしていくこと、皆様のご要望を正確かつ十二分に把握していくことから始まると理解しております。

弁理士法人 市澤・川田国際特許事務所
市澤 道夫